04
TOP IMAGE
http://hoshikaze858.blog.fc2.com/

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラジンストーブ

アラジンストーブは古モノ好きにはたまらない冬のアイテムですよね?

現在もアラジンストーブの人気は衰えることを知らず、アンティーク好きな大人達の間で
かなり人気のあるストーブと言えるでしょう。

そんな僕も骨董市で買ったアラジンストーブを一台所有してますので、今回はそちらを紹介したいと思います

僕が持ってるアラジンストーブは昭和32年~昭和41年に出回った初期の15型です。
このシリーズは人気が非常に高く、好きな人はこの型を探して購入する人も多いみたいですね。

ただ残念なことに専用の芯は販売中止になっており、芯の購入は非常に困難な状況です。
ただネットの世界は広いもので新品の芯を持ってる方がいらっしゃるので、僕もネットで新品の芯を1個購入!
でもさすがに人気で芯もあっという間に売り切れ状態になっっちゃいましたけども。。。

もう一つネックなのが、ストーブがこけたら間違いなく火事になるということですね。
構造が非常にシンプルなうえ、初期型には自動消火システムなんてありませんから、
地震なんかでこけたら最悪です。(ただそう簡単にこける構造はしていないので普段使うのには問題ないと思います)

僕の場合は必ずストーブの前に座って本を読んだりPCをしたりする間だけ使うようにしてます。
はじめは抵抗がありましたが、1年以上使用しているとそこまで気を遣ってでも冬のお供として使用したい一品なの
です

写真を何枚か撮ったので是非ご覧ください♪
(まじ萌えます。あっ、燃えます(^^ゞ)

まず蓋を開けた写真がこちら↓
s-DSCF0740.jpg
古いもので、マイカ(炎が見える部分)が汚れてますが、こちらは単品で販売してますので取り変え可能です。
僕はそのままの味わいが好きなのでこのままにしてます

火力の調整はこちらのつまみで行います↓
s-DSCF0737.jpg
や、やばい。ロゴが鼻血が出るほどかっこよか❤

失礼。こちらのつまみを右に回せば芯が出て火と空気が接する面積が広がり火力が大きくなります。
逆に左に回せば芯がひっこみ火力が弱くなります。消す時は思いっ切り左に回して消火します。

火が消えると何故だか寂しくなるのは何故でしょうか・・・
あっ。失礼。心情がちょくちょく入りますが気にしないでください(^^ゞ

ちなみに思いっ切り右に回す勇気は持ち合わせていません。勇気のある方はどうぞ!

こちらの写真が実際に火を付けた時のものです。
そーですね。芯は半分位出ている状態での点火状態です。
ちなみに製油所で勤務しているので、こんな火大したことありません!
こんなのちょちょいのちょいで扱えます。
(でもつまみを右いっぱいに回す勇気は持ち合わせていません。)

s-DSCF0742.jpg

火がつけば後は蓋をしめてと。。。
マイカから見える火力を見ながら、先ほどの萌え萌えロゴのつまみで綺麗なBLUEの炎になるように調整します❤
写真は色はとてもBLUEで綺麗ですが、火力は弱い方です。
もっとあったくしたい場合はつまみを右に回してください。
(でもつまみを右いっぱいに・・・もういいか

s-DSCF0745.jpg

これで調整は終わりです♪
アラジンストーブを囲んで家族団らん♪ 一人でcoffeeタイム♪ 読書♪
どんなシュチュエーションにもバシッと決まるアラジンストーブ。

そんなストーブをいつまでも使っていきたい。

s-DSCF0747.jpg

良いものは後世までも受け継いでいきたいですよね♪    ~END
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

pacu

Author:pacu
Kočičkaはチェコ語。
ネコヤナギの木を意味します。
花言葉は「自由」、「努力が報われる」、「親切」。

なんか好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

サニーサイド↑ (36)
ダークサイド↓ (5)
furumono (1)
この本読みました♪ (5)
この映画観ました♪ (9)
ぼくとガーデン (2)
未分類 (1)
こんな写真撮ってます♪ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。